イタリアBialettiビアレッティ社のコーヒーメーカーについては、数年前から愛用しているモカエキスプレス(通称マキネッタ)に加えて、半年ほど前にブリッカという、エスプレッソを直火で淹れるタイプを購入したことを、また最近、マキネッタを小さいサイズ(2カップ用)に変えたことなども報告してきました。ブリッカは何度も何度も(!)トライしたのですが、どうしてもエスプレッソを上手く淹れられず(独特の風味とクレマが得られず)、残念ながらギヴアップしました。

 

その後、家ではマキネッタで淹れるモカコーヒーを飲んでいますが、外ではイタリアンを食べる折にはエスプレッソを頼んでいます。エスプレッソの独特の香りと味に親しむにつれ、やはり自宅でも飲みたい思いが募り、(直火式ではなく)電動式のエスプレッソマシンを色々と調べました。ネット上のユーザー評価を参考にして、ビアレッティ社のTazzissimaと、デロンギ社の数種類のものに絞った後で、エスプレッソの味とマシンの手入れについて現物で試飲&調査しました。デロンギは家電量販店での試飲が出来たのですが、ビアレッティの方は、マシンは量販店に置いてあるものの担当者がいないので試飲できず、使い方も分からず。最終的に販売元(輸入総代理店)に問い合わせて、中野にあるショールームまで出向き確かめました。

 

結論として選んだのが、この電動式エスプレッソマシン、Bialetti社のTazzissimaタジッシマです。

1tazzissima

味はデロンギも文句ないのですが、味以外でこれを選んだ理由について:

・コンパクトで可愛いデザインなので、我が家の台所で置き場所に困らない。

・飲んだ後の手入れも、馴染んでいるマキネッタと大差ない程度。

・通常は粉コーヒーを使うが、ネスプレッソのようなカプセルも使える。

   デロンギのようなコーヒー豆からの全自動ではないが、逆に、手動の要素が却って“手づくり感”があり楽しい。

 

中核部分の写真です。ホルダーはマグネット式なので本体に楽に接続できます。

2holder12holder22holder3

ホルダーに粉を入れたところ

3粉を入れてセット

タジッシマから抽出されたコーヒー

4抽出後

本格的にクレマが出来ています。当然とはいえ、嬉しいですね。ブリッカでの苦労が嘘のよう(笑)。

 

Bialettiのショールームを訪ねた際に、丁寧に対応していただけたのが嬉しくて、思わずBialettiの名前入りデミタスカップを買ってしまいました。(肝心のマシンはアマゾンで購入)

5Bialetti cup
 

朝食では量を多く飲みたいので、マキネッタでモカコーヒーを淹れていますが、昼食、乃至はお三時と夕食後にはこのタジッシマでエスプレッソを楽しんでいます。大体は粉から淹れていますが、時にはショールーム訪問時にサンプルとしていただいたカプセルを使うこともあります(後の手入れはこちらの方が簡単)。購入して一ヶ月になりますが、いい買い物をしたと、大いに満足しています。