珍しい本を読みました。NHK-TVのニュース番組の多様性の話題の中で取り上げられたのが、アフリカ、
カメルーンで生まれ、幼い時から日本で育ったという漫画家青年、星野ルネさん。彼の話が面白かったのでアマゾンで探してこの本を見つけました。
IMG_8326

漫画を読むなんて何年振りだか全く記憶がないほど。漫画とは言え、私が昔馴染んだ雑誌の漫画とは大分違うタイプ、文字の台詞が多く、叙述的&教育的なんです(笑)

IMG_8324

中々に面白かったです。多様性の啓蒙活動のような内容で、著者の経験を色々な事例として描いているのが興味深いのですが、著者の明るさによる所が大なりではないかな。動物の研究のためにカメルーンを訪れた日本人の学者が、現地の女性に出会い、結婚。その女性は子連れの再婚、アフリカ人母子で夫の住む日本に移住したのですが、その連れ子が著者の星野ルネさん、当時4歳で日本へ、ハーフではなく生粋のアフリカ人ですが、日本で育ったために、本人の感覚は日本人のようらしい。彼を囲む日本人の父親、祖父母、叔母家族など、その誰もが不思議なほどに偏見のない日本人、また血の繋がるアフリカ人の母親が極めて明るい前向きな性格であることなどが、著者の開放的な性格を築いていったのでしょう。客観的には苦労と思われる体験も明るく受けとめて表現していることが、この作品の魅力の核なのだと思います。

多様性は大いに関心のあるトピックなのですが、この本でも、偏見を乗り越えるには先ずは”知る”ことだと。私が以前、スペシャルオリンピックスという知的発達障害者のためのスポーツ団体でボランティアお手伝いした体験から学んだこともそれでした、知ることだと。著者はこうも言っています:「異文化交流の必須要件とは、正確な情報、幅広い知識、それと誠実さ」だと。そうなんですね、学んだ情報・知識を誠実さで包まないと心に吸収されませんから。私の耳には3点目が痛いですが(苦笑)

漫画なのであっという間に読み終えてしまのったですが、とにかく面白かったです。漫画を馬鹿にすべきでない、ここでも偏見のあったことを反省しました。